キャッシング・ローンの申込みの際には、インターネット窓口、無人契約機の窓口、電話での申込窓口、店舗店頭での申込窓口あるいは郵送申込みのいずれかを利用しなければなりません。電話での申込み以外は、申込書の記入欄の必須事項は必ず自らがウソ偽りのない情報を書き込まなければなりません。電話での申込みの際には、口答で業者のスタッフに同じ情報を申し伝える必要がありますが、後に無人契約機か郵送によって自筆で書き込みした申込書を提出することになります。

その申込書に加えて本人確認種類の提出も必須となります。本人確認書類とは免許証、保険証、パスポートなど公的な機関が発行した現住所と生年月日が記載された書類です。インターネット申込みを行っている業者の場合、電話での申込みの場合は、本人確認書類を携帯のカメラやスキャナでデータ化し、メール添付に形で送付することが可能。無人契約機や店頭での申込みの場合は本人確認種類を持参、郵送申込みの場合はコピーを取って郵送することも必要となってきます。

また、消費者金融、クレジットカード会社に新規融資を申し込む場合には、1社に対し50万円を超える借入を申し込む場合、複数の業者に対し新規の申込みを含めた借入総額で100万円を超える金額を申し込む場合には、収入証明書の提出が義務づけられます。銀行の場合は原則として100万円を超える金額を申し込む場合には、同じように収入証明書の提出が必要です。

収入証明書とは、給与のボーナスを含めた過去2ヶ月分以上の明細書または源泉徴収票、税務署の印が押された確定申告の控えのコピー、納税証明書や課税証明書、住民税決定通知書などです。いずれも税法上、虚偽の記載が許されないもの。第三者が証明する申込者の収入のしっかりとした証明書です。

以上の書類が書類が用意できない場合は審査落ち以前の問題として、申込み自体を受け付けてもらえません。本人確認書類や収入証明書は業者によって取扱いの異なる場合もありますから、それも合わせて要注意です。