貸金業法の総量規制が「年収の3分の1以内までしか貸してはいけない」となっています。が、業者が「年収の3分の1以内まで貸してくれる」と思ってはいけません。業者の貸し金業務はビジネスです。貸したお金を回収し、利益を上げられるかどうかを計算しながら審査をしています。

つまり、年収の3分の1以内で業者がどの程度の金額までを貸してくれるかは、業者の独自判断によるのです。

さて、では、どの業者からいくらくらい借りられるのか、ということを理屈だけ述べていても、このページをご覧の皆さんの役には一切役に立たないですね。

そこで、インターネットの仮審査を利用していくらくらい借りられるのか調べるウラ技について迫ってみましょう。

え? いくら借りられるか金額が表示されるのはモビットのホームページだけ?

どうもそのようですね。しかし工夫すれば、他の業者のホームページの仮診断を利用しても、おおよそどこの業者からいくら借りられるのか調べる方法はあるのです。また、その方法を使えば、モビットで30万円しか貸してくれないと表示されても50万円借りる方法を見つけることができるかもしれません。

その方法とは、仮診断がある業者(アコムやプロミスなど)のシミュレーションページで、現在、あなたが借りている金額よりも多い金額を入力してみて、融資の可能性があるのか無いのかを知る方法です。

たとえば、現在借り入れのないパートの主婦の場合、モビットの診断を使うと50万円は貸してもらえないと表示されるでしょう。しかし、30万円なら可能だと表示されるのではないでしょうか。

それと平行して、プロミスの仮診断のコーナーへ行って、「現在、1件、30万円の借り入れがある」と入力してみて、30万円を希望額として入力します。

すると、どうでしょう。「お貸し出しできる可能性があります」と表示されるのではないでしょうか。プロミスの場合、年収1000万円の人が10万円の借入を申し込んできても「貸し出しできる可能性があります」と表示されるだけで、「あなたの場合、いくらまでお貸し出しできます」という回答は返ってこない仕組みになっています。一方で、貸し出し条件を超えてしまっている場合には「ご入力いただいた情報では判断できません」という表示が出ます。

匿名なのですから、いろいろ試してみればいいわけです(決して悪用してもいいと言っているわけではありません。あくまでも自分のキャッシング枠を知るための判断材料として利用するわけです)

すると、どうでしょうか。パートの主婦が2件で50万円まで申込みが可能だということがおわかりいただけるでしょう(実際に借り入れできる金額は業者の審査部が決めますので、匿名で本当のことを知ることは不可能です)。

もちろん、キャッシング総額は返済のことまで考えれば少ないにこしたことはありません。しかし、どうしても都合上、借り入れしなければならない人もいるはずなのです。その場合は、以上のような手法で借入可能額を知ってみると良いでしょう。

ただし、繰り返すようですが借りすぎは良くありません。複数の業者から、その金額では借り入れできないという趣旨のメッセージが返ってくるようでしたら、根本的な自分の金銭上の立場を考え直すことが必要かもしれません。