多重債務の人、あるいは多重債務とはいかないまでも高額の借り入れがあって多くの返済金が必要で生活が苦しくなっている人は、おまとめローンの活用を考えることもあるでしょう。

おまとめローンは東京スター銀行が外資に買収された後に、口座数の増加を目論むために新開発された金融商品です(商品開発当初は東京スター銀行に口座を持つことが、おまとめローン利用の条件でした)。そのため、銀行のサービスと思われがちであり、改正貸金業法の趣旨から貸金業者では取り扱っていない商品と思われますが、実は様々な業者がおまとめローン商品を持ち、申込みを受け付けています。

改正貸金業法には「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」という文言があり、消費者金融やクレジットカード会社が総量規制で定められている年収の3分の1を超える借り入れがある人も審査の対象として良い金融商品、つまりおまとめローンの取扱いを認めています。

銀行が扱っているおまとめローンと同様に、消費者金融、クレジットカード会社独自の商品もあるのです。その消費者金融やクレジットカード会社が取り扱うおまとめローンは、フリーキャッシングと比較すると金利が低めに設定されているものばかりです。

複数社から借り入れがある人にしてみると返済先が1カ所になって月に何度も返済について考えなくても良いことになるばかりか、債務の一本化で金利が低くなって返済額が少なくなるというメリットがあります。

おまとめローンについて注意すべき点をあげておくと、使用目的は返済のみだということが第一点目になるでしょう。

多重債務状態だと返済を続けるだけで生活が苦しくなっている人もいるでしょうが、返済額が少なくなる分、やや生活費に余裕が持てるようになることでしょう。だから、債務を一本化する以上の資金を借りようなどと余計なことは考えずに、おまとめローンの利用を考えた方が良いわけです。

一部の銀行ローンについて融資上限額が高額なことで、おまとめローンとしても利用可能、という情報もありますが現実的に貸金業者からの高額な借り入れがあって銀行ローンの申込みをした場合は、審査落ちになる可能性が非常に高くなると考えてください。

おまとめローンの利用を考えるとき、自分都合で債務の一本化ができた上に、さらに借入をするなどと考えないことが賢明です。