平成18年に改正された貸金業法に定められた、業者が個人に対して資金を貸し出す場合に貸出額は、個人の年収の3分の1を超えてはならないという規定です。貸金業とは消費者金融、クレジットカード会社などの貸金業法適用対象の貸金業者を指し、また貸し出す資金とはフリーローンのことを意味します。

つまり、貸金業法に縛られることのない銀行の銀行ローンや住宅ローンは含まれません。さらに、貸金業者が取り扱っているクレジットカードのショッピング残債や目的別ローン(クルマのローンなど)も適用外となります。

そんなことどうせわかりはしないんでしょ。申込書に少しくらい嘘を書いたってばれないよ。そう考えている人がいたら、たいへん甘い考えだというほかありません。

「ブラックリストってどういうもの?」の項目でも触れてありますが、消費者金融、クレジットカード会社は信用情報機関から情報を取り寄せれば申込者が業者から借り入れている額を瞬時にして知ることがでいます。

しかも、前回、消費者金融系に申し込んだことがあって、自己申告での収入額が記載されていれば、その時と新たに書き入れた収入額との比較が成されます。それがあまりにもかけ離れていたら、どちらかに虚偽の情報を書き込んだことがある人として審査落ちの条件になってくるのです。総量規制の実施で1社50万円を超える申込み、複数社に対して100万円を超える申込みの場合は、年収証明書の提出が義務になっていますが、こな関係ないところまでのチェックが厳しくなっているのだということも知っておくべきでしょう。

この総量規制を超えた貸し出しは、正規の業者だとしてくれません。その点についての詳細は「銀行ローンの審査は厳しいって本当?」「審査の甘い業者とは?」をご覧下さい。