キャッシングをしたときにいくら支払いが必要になるのか、金額が明示されていることはマレです。

一部の業者の返済シミュレーションで、借入額や返済回数を選ぶと毎回の返済額が表示されることはありますが、各個別ケースに対する回答だけで、自分なりの返済パターンを考えて借入額、返済回数などを入力しなければなりません。モデルケースの借入額、返済回数や総返済額が一覧表示になっていて各業者を比較するようなことはできないのです。

例えば非常に親切な返済シミュレーションコーナーとしてレイクのシステムを挙げることができますが、他社と比較することはたいへん困難です。レイクのシステムに不備があるからではなく、他社のシミュレーションシステムがレイクほど優れたものではない場合が多く、そちらでは大雑把な数値しか出てこなかったりするからです。

目安として50万円を借りると、業者の決めた最低金額通りの返済を続けていけば90万円~110万円の支払が必要になります。
しかし、最低金額通りでなく、自分が決めた2万円なら2万円也を毎回返済していくと非常に総返済額は安くなります。

こればかりは文字で説明してもわかりにくいので表組みにしてみました。参考にしてください。