カードローンってどれも同じように見えますよね。金利が低いだとか貸し出し限度額が大きいとか、審査が早いとか。

実際、そういった項目で比べると、どれも同じようなものなんですが、その理由は競争が激しいからに他なりません。金利や限度額、審査の早さといったところはどこも当たり前に十分なサービスレベルに至っていると言って良いでしょう。

そんな中でも、各カードローンの会社は違いを出そうと、差別化してひとりでも顧客を得ようと必死で頑張っているわけです。例えば、ATM手数料。普通は自社以外の提携ATMと呼ばれるATMは手数料が有料ですが、特定の銀行ATMや特定のコンビニに限って無料で利用できるようにしているカードローンがあります。ATMをよく使う人には節約になりますね。

また、これも最近は多くのカードローンが行っていますが、「30日間無利息キャンペーンやサービス」です。はじめて契約した人に最初の30日間は利息を0円にしてくれるサービスです。カードローンはいきなり大きな利息が請求されるんじゃないか、そんな不安を払拭するのとまずは気軽に借りてもらいたいそんな狙いがあるようです。

次に最近多いのが、「カードレス契約」や「WEB完結」です。カードレス契約というのは、ローンカードなしでキャッシングができるサービスです。これはもはや「カードローン」とは呼べないんじゃないか、そんなツッコミを入れられそうですね。

カードローンは、住宅ローンのように最初に大きなお金を借りてあとは返済だけというのではなく、ローンカードでいつでも追加でお金を借りられる、いつでも返済できる、というのが特徴です。設定された限度額の範囲内なら、出し入れ自由なんです。

その便利さが魅力のカードローンですが、ローンカードがなかったら一体どうやって借りたり返したりするのでしょうか?

その理由はスマホやパソコンとインターネットの普及です。

借りるときは、カードローンのサイトにログインして、出金の申込みをします。すると自分の指定した銀行口座にお金が振り込まれます。あとは、銀行のキャッシュカードを持ってコンビニなどのATMに行けばお金を引き出すことが出来ます。

返済はどうするかというと、基本的には口座振替にしておいて毎月自動的に返済します。ボーナスや一時的な収入があったときにまとめて返済したいときは、カードローン会社指定の口座に振込をします。

このように、ローンカードがなくても好きなときに借りたり返したりすることができるというわけです。

なぜ、カードレス契約が増えてきたかというと、「家族に内緒にしたい」というニーズから増えてきたからです。家族にバレるのは、ローンカードが郵送されてきたり、財布の中にあるのを見つかったりするときです。そんなローンカードは持ってなければ見つかるわけが無いですから、カードレス契約には一定のニーズがあります。

ただ、カードレス契約の問題点があります。それは、お金を借りるときに振り込みになるので、銀行の振り込み時間内でしか受け取れないということです。通常、銀行振込は平日の9:00〜15:00ですから、それ以外の時間に融資の申し出をネットからしても振込が翌営業日になってしまうのです。例えば、金曜日の16時に申し込んでも、次の月曜日まで待たなければなりません。

ローンカードがあれば24時間、ATMでお金を借りることが出来るのですから、その利便性を失うのは大きいと言えます。ただ、家族に見つかるというリスクの方が大きいという人には、24時間ATMが利用できる便利さよりもカードレスの方が勝るのだと思います。

次に、「WEB完結」ですが、これは各社で内容が若干異なりますが、ある一定の条件の下、電話連絡なしで契約が完了するという契約です。

このように、カードローン業界は新しいサービスが生まれてきています。 自分に合ったカードローンを選ぶのはなかなか難しいですね。

このサイトでは、お金に困っている人の状況や、お得な借り方、上手な返済の仕方、カードローンの注意点など、お金を借りる人の知りたいことをまとめました。普段お金に困っていない人も、いざというとき、お金の借り方を勉強できる内容になっていますので参考にしてください!

ページの先頭へ